年に一度阿蘇郡市全体で合同研修会というのが開催されています

 

7つの市と町で持ち回りで開催しているのですが今年はわたしの所属する小国町商工会主催の年でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何ヶ月も前から準備

 

参加していただいた部員さんには小国杉で作った鍋敷き(写真を貼ったりしてお洒落にも使えます‼︎)をお土産としてお渡ししました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役員のみんなでヤスリで角を落としてハンコの焼印をしてラッピングしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喜んでいただけたら嬉しいなぁ〜

 

 

 

研修の場所は木魂館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には立派な研修施設があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来賓の方のごあいさつが終わると主張発表

 

今年度の担当の小国町を代表して「そらいろのたね」のおくさまが10分にわたり「商工会女性部とわたし」のテーマでお話されました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはそれは素晴らしくて県大会も楽しみです

 

 

 

 

そして講演会

 

 

お話をされたのは北里柴三郎記念室の森孝之先生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本の監修をされている先生です

 

 

新しい1000円札の顔になることが決まった「北里柴三郎博士」について改めて知ることがでました

 

 

新千円札が発行されたらもっと身近な偉人になると思います

 

 

交流会まで参加して無事に終えることができホッとしました